投資ツール

S&P500ってよく聞くけどなんでしょうか?と思われる方について吟じます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今までずっと一人だったので気が付きませんでしたが、草野球チームに入ってからというもの笑いながら「変人だね」と言われます。

彼らは悪魔の化身なのでしょうか?

彼らが真顔だったら「真剣に言ってやがる。くっ。辛いぜ。」と思うわけです。

しかし、彼らは笑顔で変人と言いながらも我が家に泊まりにきてくれます。そしてお酒を飲み交わしてくれるのです。

友人っていいですね。:D

どうも僕です。今回は投資を始められた方や、始めようと思われる方のために今後耳に挟むであろう「S&P500」を解説していきたいと思います。

簡単に説明させて頂きますと「アメリカの優良企業500社をまとめた指数」になります。

こちらの「S&P500」は日本にいても投資することが可能になります。

アメリカ企業の業績は強いので投資したい方も多いのではないでしょうか?

今回は解説と投資方法を簡単ですがお教えできたらいいなと思っております。

今回もよろしくお願い致します。

S&P500とは

S&P 500®は米国大型株の動向を表す最良の単一尺度として広く認められている株価指数である。この指数をベンチマークとする運用資産の総額は9兆9千億米ドルを超え、この指数に連動する金融商品の運用資産額は約3兆4千億米ドルに及ぶ。この指数は米国の主要産業を代表する500社により構成されており、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしている。

https://japanese.spindices.com/indices/equity/sp-500

このように解説されております。

冒頭でもお話しさせて頂きましたが「優良企業500社」をまとめたものになります。業績が良くない企業などはその都度入れ替えられていきます。

なのでこちらの指数自体に投資することで個別株とは違い、個別企業を毎回見直す手間が省けます。企業がその都度リバランスしてくれるからです。

これは助かりますよね?企業分析していたら投資始めたての方はそれだけで疲弊してしまい、「もう株式投資なんてやーめた」というのも時間の問題だと思います。

実際僕はS&P500に連動したインデックスファンド 「emaxis slim 米国株式(s&p500)」を定期購入しております。

日本からの投資方法

日本からS&P500に投資したい場合まず証券口座を開く必要があります。

僕自身は楽天証券にしか口座がありませんので楽天証券で取り扱っている商品をご説明いたしますね。

S&P500の指数に連動するインデックスファンドはいくつかあります。

いくつもの企業がその動きを真似て運用しています。

上記のようなものがありますね。こちらは楽天証券で取り扱っている一例になります。

他の証券口座を開かれた場合は取り扱っている商品が違いますのでご注意ください。

基本的には信託手数料を気にして商品を選ぶといいです。

信託手数料を簡単にご説明すると「その子(お金)の面倒みてやるから、預かっているお金から何%かくれな?」ってことになります。

基本的にどこの投資信託も手数料に大きな差はなく、どこかの信託企業が下げたら他に後れを取らないように、他の信託企業も下げてくるのでシビアに考えなくてもいいと思います。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 僕はこちらに投資しております。

調べればたくさんありますので一例として考えて頂ければ良いです。

ご自身で再度お調べになって納得してから投資は始めてください。

まとめ

どうだったでしょうか?

簡単ですがS&P500を解説&投資方法を解説させて頂きました。

日本企業の株式に投資するよりアメリカ株式に投資したいと思われる方はこちらの指数に投資しても良いのではないでしょうか?

まだ証券口座を解説されていない方は、僕自身も使用している楽天証券をお勧めしてます。

こちらは楽天ポイントでも投資できるのでお得ですよ!

今回もありがとうございました。

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です