にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

経済記事

【ワイ的経済遅報】「JPモルガン」や「ゴールドマン・サックス」がロシア事業から撤退するらしいですな・・・

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ということらしい。

今日のニュースを簡単に振り返ろうかなと思ってます。

よかったら御一緒に眺めましょう!

「JPモルガン」や「ゴールドマン・サックス」がロシア事業から撤退するらしいですな・・・

「JPモルガン」や「ゴールドマン・サックス」がロシアからサヨナラするという記事がありました。

内容はこんな感じ。

・JPモルガンは「ロシア国内の事業を縮小」しているらしよ。ちなみだけど、ゴールドマン・サックスは「ロシア事業を閉鎖」する計画を発表したらしい。

・金融業界だけではなく「マクドナルド」「コカ・コーラ」などの業界も、ロシアでの事業停止を発表しているんだって!

・JPモルガンの現在の業務は「グローバル顧客の既存債務に対処し履行するのを支援」「ロシア関連の資産管理」「当社従業員のケア」などを行っているらしい。

なんだそうな。

この状況なら事業続けるのは考えてしまいますよね。

この決断は相当考えたんだろうなぁ。

JPモルガンのロシアへの直接のエクスポージャーは比較的小さく、先月の米当局への届け出によると、米国外のエクスポージャー上位20カ国・地域には入っていない。

ブルームバーグ

仮に落ち着いた後の世界の対応ってのがどうなるのか分かりませんが、ロシアが回復するのは時間がかかるんだろうなぁ。

ワイの持ってる新興国株も影響あるだろうし、ほんとやってくれるぜ

「メタバースオフィス」とやらがどんどん出来てきているだって!

なんか世の中で「メタバースオフィス」とやらが出てきているようですね。

記事の内容はこんな感じ。

・みんな大好きGoogle検索での「メタバース」というキーワードへの関心が急落しているらしいよ。

・だけど、企業はそんなの関係ないらしく「仮想世界」参入への意思は揺らいんだって!

・企業を一つだけ紹介すると、ムンバイを拠点とするイベント企業「アトム」は、メタバースオフィスを設立したらしい。

「ディセントラランド」のデジタルスペースを購入したらしく、今後バーチャルオフィスを海外の顧客にアプローチしていくらしい。

今回なぜこんなことしたのかというと、「グローバルな事業展開」「若い世代への対応」だということ。今育っている若い世代は、メタバース空間が当たり前になるから事業として力を入れていく。とのこと。

なんだそうな。

自分より若い人たちは、もっと当たり前に使っていくんだろうなぁ。

タイのサイアム商業銀行のベンチャー子会社であるSCB 10xは、ザ・サンドボックスを拠点とするバーチャルオフィスを立ち上げる計画を明らかにした。発表によると、このオフィスは2022年後半に開設され、世界のビルダーコミュニティとつながるために利用される予定だ。

このデジタルオフィスでは、コミュニティとのつながりのほか、イベントへの参加、製品のデモンストレーション、ユニークな造形の環境などを見学できるようになる。

コインテレグラフジャパン

正直「こんなの一時の流行りなんじゃないの?」と、老害思考の自分がいるのが本音なんですけどこれじゃあかんのですよね?w

もっと柔軟に考えられる脳みそにしていきたいと思った記事でもありました。

プロ野球 ムネリンが今年もキャンプイン!!!

みんな大好きムネリンが、今年もキャンプインしたそうですね!

個人的にすごく好きな選手なので、ここまで現役でやってくれるのは凄く嬉しいなぁ。

昨季は栃木で45試合に出場し、打率2割1分6厘、11打点0本塁打。腰や膝、肩などに痛みを抱える。それでも「ベンチやランナーコーチャーとしてでも全試合に参加し、元気な“プレー”を届ける」と4月9日の開幕戦からフル回転を目指す。

西日本スポーツ

選手としてはしんどくなってきてると思いますけど、チームとしては必要な選手だと思うので本人が納得するまで頑張って頂けたらなと思います。

いやほんとこういう姿勢は尊敬するなぁ。

昨日の記事になります。よかったらどうぞ↓↓↓

【ワイ的経済遅報】クレディ・スイス「原油こんなに上がってるんだから、株式まだまだ下がるでしょ?」 さぁ。覚悟だけしておきましょう。 そしたら次の行動が取れますぞ! https://youtu.be/q...

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

アルプスブログ - にほんブログ村







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)