趣味

ちょいちょい聞くブロックチェーンについてアチシが調べて見たよー

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

僕は学生時代運動部でした。

屋外スポーツだったのですが、やはり夏の時期は大変です。

どんなにこまめに水分補給をしても喉が乾いてしまいます。

もうこれは環境問題なので我々にはどうしようもないことです。住まわせてくれている地球(earth)に感謝なのです。

夏休み時期はOBの方が練習に来てくれるのんですが

なぜ先輩方たちは差し入れで毎回

バームクーヘンや、うまい棒と我々の命を狙って来たのでしょうか?

殺●未遂容疑で確保されてもおかしくない案件だと10年くらい経った今思いました。

どうも僕です。今回はブロックチェーンについて簡単ですが調べて見たので共有できたらなと思います。

色々調べていたのですが、ブロックチェーンとビットコインは関係があるんですよね?知ってる方は知っていたと思うのですが僕は知らなかったです。

ブロックチェーンの内容を結論からお話ししますと、

一本の鎖、一方向にしか流れないです。

今回はいまさら聞けないビットコインとブロックチェーンを読んだ内容を簡単にまとめますねー

では今回もよろしくお願い致します。

ブロックチェーンとは

ビットコインなどのデータがコピー改ざんされない理由は

ブロックチェーンとういうものがあるからなんです。

ビットコインなどの仮想通貨はデータなのでコピーされるかもしれないという不安がありますよね?これだと信用がなくなってしまいます。こりゃまずい。

しかしこのブロックチェーンという技術があるので安心して使えるのですねー。

では簡単にいくつかまとめますね。

・P2Pネットワークで分散処理

・コピー改ざんできない

・集中管理

P2Pネットワークで分散処理

誰が誰に送金したなどの情報をオープンにすることで監視体制を強めています。

世界中ネットワークが繋がっていればリアルタイムで見れるそうです。凄い。なので不正操作や改ざんができないようになっているんですね。

参加しているメンバーがその取引を許可しない限り実行されないということなので簡単に不正はできせんね。

個々のユーザーが直接データをやりとりをすることをP2P型ネットワークと言います。

一つの場所にデータを保存するのではなく、不特定多数のパソコンに取引データを保存するので常に誰かが取引を監視していることになります。

コピー改ざんできない

ブロックチェーンは過去に始まった記録からずっと一本のチェーンで繋がっています。このおかげで取引記録を全て、追っかけることができます。

これはP2Pネットワークで取引している方のパソコンに全て同じ記録が入っているので、誰かが改ざんした時点で他の人とはデータが違って来ます。

そうなると「貴様。やったな?」となるわけですね。うむむ。

先ほども書いたのですが、みんな取引は見ているので、その取引がおかしければ実行させないわけですね。

集中管理

銀行などは一つの場所に取引データなどを管理しているので、そこが不正アクセスされて取引が実行されても、犯人がわかるまで時間がかかります。

しかし、ブロックチェーンだと皆んなが取引記録を監視しているのでそもそも実行されません。なので不正が入り込む余地が少ないと言えるそうです。

どんなところで使用しているの?

先ほどの出て来たのですが仮想通貨に使用されています。しかし他にも多く使われているようなので簡単い書いていきますね。

・医療カルテの管理 「患者の健康情報を、患者本人・病院・薬局などで管理しようということ」

・イベント会社 「チケットなどの転売を防ぐために追跡して行く。」

・音楽配信会社 「著作権の管理を行えるようにしている。また仲介業者を挟まないことで報酬などを分配でき、費用削減」

まとめ

どうだったでしょうか?

こんん会はブロックチェーンについて簡単ですが解説させていただきました。

名前は聞いたことあるけど自分もよく理解していなかったので今回調べて見て少し概要がつかめたので良かったです。

・P2Pネットワークで分散処理

・コピー改ざんできない

・集中管理

皆んなで監視しているから不正することが難しいと覚えておけば良いのではないでしょうか?

今回もありがとうございました。

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です