PLCシーケンス

【必須事項】三菱製 gx works2 パラメータ設定 (D)データレジスタ保持について 設定手順を解説 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

患者様の中にお医者様はおられませんか?

と突然ボケられたことありませんか?

僕はありませんが、知り合いの患者さんがやられたことがあります。

まずこの秀逸なボケに感心させられたので、とりあえずボケに乗ってみたそうです。

そして返事をしたところ

看護婦さん「静かにしてぇろぉ病人がぁぁぁ!!!」

と言われて怯んだそうです。

もう。なんだかねぇ・・・

今回は必ず必要になるであろうパラメータ設定をご紹介いたします。

データレジスタに格納されている数値っていうのは、パラメータ設定をして上げないと、電源を落としてしまった時に0になってしまうんですよ・・・

こりゃあかんですよね。僕も知らなくてやらかしてしまったことがあります。

でも今回設定手順を教えるのでこちらをやっておけば大丈夫だと思います。

では今回もよろしくお願いいたします。

データレジスタ保持設定について

ではさっそく説明させていただきます。

下の画像をご覧ください。

赤で囲ってある部分の「パラメータ」をクリックして頂き、「PCパラメータ」をダブルクリックしてください。

そしたら以下の画像が開くと思うので、赤く囲んである「デバイス設定」を選択してください。

そしたら上記画像のようになるので、PLCの電源が落ちて、もう一度起動した時にデータがリセットされたくない数値範囲を入力してください。

ラッチの先頭は特に決まっていないのなら「0」で良いと思います。ラッチ最終はデバイス点数を確認して範囲を決めてください。

デバイス点数を超えた数値を入力するとあかんですからね!

データレジスタ(D)だけではなく、ラッチリレー(L)もやっておくといいですよ!

そして設定が完了したら、PC書き込みでパラメータならチェックを入れて書き込んでください!

そしてPLC本体にある、RESETをしてRUNですよ!

まとめ

どうだったでしょうか?

これをやっていないと電源が落ちて、復帰した時にデータが消えてる!?なんてことになるので重要ですよ!

以上ありがとうございました。

友だち追加

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

アルプスブログ - にほんブログ村

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です