生活

【勉強】エストニアについて簡単に調べたよー

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

鰻丼と鰻重の違いをいまだに分かっていない僕です。

結局うなぎの量で判断つけていいんでしょうか?w

あらためて僕です。

皆さんはエストニアってご存知ですか?

結構僕の周りの方では知っている方が多く、とても面白い国ということを言っておりました。

「なら話について行くために、上っ面部分だけ知っておこう・・・」

と思ったミーハーアタス。

今回はエストニアについて簡単に調べて見たので、魔が刺したら見ていってくださいな。

ではれっつらご!!!

どこにあるの?

「エストニアってどこにあるんじゃろうか?」

なんて思ったアタス・・・

調べて見たら北ヨーロッパにあるんだそうな。

北ヨーロッパ共和制国家バルト三国のひとつで、欧州連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)、経済協力開発機構(OECD)の加盟国であり、通貨ユーロ。人口は132万人。首都はタリンである。

wikipedia エストニア

ヨーロッパにあるんだな。おっけw

ちなみにEUなので、通貨はユーロになります。

EU圏なので、一度入っちゃえば他のヨーロッパ諸国への渡り歩きはパスポート無しで行けちゃうんですと。

電子国家だとぉぉぉ???

エストニアはとにかく他の国々が注目するくらい、生活がハイテクなんだそうな。

行政サービスが99パーセント電子化されているんだってw現在の日本じゃ考えられないですよね?w

政府電子化を進めるにあたって、ちゃんと国民も受け入れるという柔軟性が素晴らしい。

しかもその技術はブロックチェーンを採用しているとのこと。ブロックチェーンなら安心できそうだな。

しかも!!!エストニアは誰でも電子国民になれるんだってw

「e-Residency」という制度を使用して手続きすれば良いらしい。役所手続きが全てオンラインでできるなんて最高やんけ!!!w

ですが!!!これを取得しても法人設立が可能になるだけで実際にエストニアには住めないらしい。ここは注意ですね。

日本でも少しずつだけど変わって行くことを期待しています。

まとめ

エストニアについて簡単ですが調べて見ました。

行政サービスがオンラインで完結できるなんて本当に素晴らしいですね。

今後の日本もエストニアを参考にして行くみたいなのを、デジタル改革担当大臣「平井卓也氏」がamebaで言っていたので期待ですねー。

今回も見ていただきありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です