生活

【保険】がん保険に掛かる費用を簡単に調べてみたよー

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

膝からはちみつが出てきた僕です。

今回はがん保険について簡単ですが調べたので、皆さんと共有したいなと思います。

「ガンは2人に1人なる時代です」とよく言われていますよね。だからがん保険に入ろう!!!と何も考えないで入ってしまうのは盲目的すぎます。

全ての保険を否定しているわけではないのです。あくまで保険なのですから、自分が納得した形であれば入っていても構わないんですよ。

「このまま入り続けてもいいのかな?」「これから入ろうかな?」なんて思われているかたの参考になったらいいなと思って書いております。

あくまで最終判断はご自身でお願いします。

加入して安心できるのであれば、それに越した事はないと思っております。

ではれっつらご!!!

がんの治療期間は?

がんの平均治療日数って皆さんご存知でしょうか?

あまり知らない人が多いですよね?

平均治療期間は、静岡がんセンターが「平均して4~8週程度」と言っておられます。

そしてほとんどの治療は入院ではなく、通院だということもご存知ですか?これを知らないで、入院保険までセットで入ると、月の保険料負担額はものによりますが「7000円前後」になるんじゃないでしょうか?もったいないですね。

あくまで感情論ではなく、統計で出ている数値でお話しているのでご理解お願いいたします。(※もちろん保険商品が全て悪いとは言ってないですよ)

がんの平均費用&発症年齢は?

さてガンになってしまった場合の金額を見ていきましょう。以下アフラックのホームページから転載させて頂きました。

最大でも140万円になります。これは高額だと思いますか?あくまで2年以上の場合です。先程でも言ったように「平均治療期間は4~8週間」になります。

となると、「32万円」あればガンかかる費用を賄えるわけです。また2年以上となった場合でも「140万円」あればなんとかなります。

現段階で治療費が無い方は入っておいてもいいとは思いますが・・・

そしてここが重要なのですが、ガンになる確率が高い年齢を国立がん研究センターがグラフで作ってくれております。

よく、「ガンは2人に1人なる時代です」などと言っておられるかと思います。

2人に1人は本当だと思います。

しかしガンになっている方は基本的には50歳以上の年齢が多いことも教えてくれてますかね?

その年齢から徐々に上がり始めるんですよ。ということは人生後半で140万円を貯蓄しておけば問題ないわけであります。不可能じゃないですよね?

がんの治療費があればいいんですよ。ガンになって余分にお金を貰いたいわけではありませんよね?

それならば投資して資産運用で回したほうが合理的だと思います。

本質を見失わないようにしていただきたいのです。

まとめ

どうだったでしょうか?

保険に入ると安心しますよね?それは否定しません。

しかし少し物事を感情的なところを排除して頂いて、理性的なところで考えて頂きたいなと思ったわけであります。

もちろん全ての保険が悪いと言ってるわけではありません。自動車保険、火災保険、生命保険(家族がいる場合)などは入ったほうが良いものもあります。

なんにしても「治療費が足りていない方」は貯まるまで入ったほうががいいかも知れません。

こちらの記事だけを見て納得するのではなく、他に書いておられる方の記事も参考にして頂けたらなと思います。

自分にその保険が必要かどうか、今一度考えて頂けたら良いなと本当に思います。

もう一度言いますが、あくまで最終判断はご自身でお願いします。

加入して安心できるのであれば、それに越した事はないと思っておりますので・・・

あなたが一生懸命働いたお金大切に使ってください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

アルプスブログ - にほんブログ村




最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)