経済記事

【ワイ的経済遅報】トランプ大統領 まじ中国許さない環奈!!!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

天津飯と炒飯の選択を求められた時、どちらを頼まれますか?

自分の好きなものを貫き通して注文しますか?

それとも、そのお店でおすすめされているものを頼む人ですか?

前者の方、頑固者ですね?一途な想いは何事でも報われるでしょう。

後者の方、環境に合わせられるタイプですね。世渡り上手でしょう。

どちらが駄目とかありません。

どちらも良い所があるのです。

そういう所に目を向けて生きれる人になりたいなと、BISHの動画を見ていてふと思いました。

良いこと言えてんなワイ・・・この調子や・・・

今日のニュースを簡単に振り返ろうかなと思ってます。

よかったら御一緒に眺めましょう!

トランプ大統領 まじ中国許さない環奈!!!

新型コロナウイルスのせいで経済が完全にストップして完全にオコなトランプ氏。中国との貿易合意とか薄れてんだけど・・・と許さない環奈状態に入ってますね。

今年は大統領選もあるので、やれる制裁はどんどん躊躇なくやっていくでしょうね。

トランプ大統領は新型コロナ感染問題や、中国政府による香港への統制強化、100万人近いイスラム教徒の拘束などの問題を巡り、中国政府への制裁を意図した措置を講じている。大統領は香港国家安全維持法の制定で香港の自治が失われたとして、香港への優遇措置を撤廃。米政府は今週、テキサス州ヒューストンにある中国総領事館を3日以内に閉鎖するよう求めた。

テキサス州ヒューストンにある中国領事館を閉鎖するよう求めたようですね。コロナワクチンのデータが盗まれていたとかなんとか?

なんにしてもどんどん制裁を加えていくでしょう。

新規格5G 2025年末までには全世界で使用されまくってるんやで!!!

スウェーデンの通信機器大手エリクソンの調査では記事のような予想が立てられているようですね。それ対応の機種にも変えないとあかんので注意ですね。

5Gは高速大容量で通信の遅延を抑えられる。日本もNTTドコモなど携帯電話大手が今年3月からスマートフォン向けサービスを本格的に開始するなど5G時代が到来しつつある。

世界各国で5Gの覇権争いが進んでいるようですね。なんにしても中国のファーウェイには負けないで頂きたいですね。

てかファーウェイ使っている人が少なくならん限りあれか・・・

米経済失速か? さらなる悪化の可能性示唆・・・

新規失業保険件数が増加しているようですね。この状況なら増えていても仕方がないでしょね。再び経済活動を自粛させる動きが出てきているので・・・

ワクチンや効果的な治療法が見つからない場合、長期低迷か強硬に陥るだそうな・・・うむ分かっているでござる。そして失業保険件数が増加したことによって株価は下げたようですね。

ムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏は「議会が州・地方政府への支援や失業者向けの所得支援拡大を盛り込んだかなりの規模の追加救済パッケージを早急に可決しないと、経済はさらなる後退局面に入り、いわゆる二番底に見舞われるだろう」と述べ、「失業率は、パンデミックが収束した後もずっと2桁台にとどまる」との見方を示した。

二番底来ないっていう見解の人が非常に多くなってきているので、これで二番底がきたら市場から消えていく人がかなりいるんじゃないでしょうか?

みんなが油断している時にくるもんですよね?さぁどうなることやら・・・

こちら昨日の記事になります。お時間ある時にどうぞ!

【ワイ的経済遅報】テスラがS&P500に参戦だと!? 皆さんはトイレって我慢できますか? 僕は不可能です。限界許容領域から少しでも超えてしまうと緩んでしまい、後は人間の作り...

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です