小話

【興奮】動物と喋ってる動画を母親に送った後 僕に降りかかった事件について

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

もうこれは終わってしまった話なので皆様にもお伝えしたいと思います。

実際にこれはあった話なのです。

この世の中に動物とまともに話せるのはドクタードリトルと僕だけだと思います。

ドクタードリトル(通称彼)の話している現場はテレビで何回か確認しました。確かに話せていて僕にもちゃんと聞こえていました。

なのでこちらの事実確認は間違いありません。僕を信じてもらって構いませ。

しかし僕だけ聞こえているという事実は、始め気がつきませんでした

みんな聞こえているものであり、話しているものだと思ったからです。普段から鳥が大声で近隣住民に

「サラサーティン・コットン100」などと大きな声を言っているのに、なぜみんなは気にも留めないのだろうとは思っていました。

しかしある時この件について気がついてしまったのです。

「わいは何かしら能力を持っているんや。ん?なぜ?わいはこの能力なんや?」とはならず、すんなり自分の宿命ってやつを受け入れました。

遠く離れている母親にこの事実を伝えて、この取り柄を生かしてYouTubeで荒稼ぎしようと思ったのです。

早速母親に動物と会話している動画を送りました。

既読されてから未だ返事はありません。

事実を伝えるための正解はあったのでしょうか?

さぁてと仕事探すかぁ

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

アチシが読んだオススメの本

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です