小話

【罠】最近出来た友人とババ抜きをした時に社会の闇を見た話

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

見出しの通りなんですが良かったら松前漬けを食しながら移動時間に見てもらえたらなと思います

ババ抜きでは多い人数かと思われますが、43人でやりました。

予想以上で驚いたでしょう?

嘘です。5人です。

皆さんテンポよくお読みください。

配られた時すでにババが7枚ありました。

攻略不可能です。ババは揃っていても捨てられないと初めにルール説明を受けていた時に

「ババはそもそも一枚だろ」

なんて安易な気持ちで考えていた僕が愚かでした

しかし悲観になってしまっていてもダメです。逆境とも言える中でどうやってゲームに勝つかただけ考えていました。

しかしこの状況を冷静に考えてみると

僕がすべてババ持っているとすればババを隣の人に渡すだけというシンプルな考えにいたったわけです。

相手に与えるだけなので必然的に僕はババ以外の手札を手に入れることとなる。

周りの人たちはどんどんカードを捨てていき、ゲームはスムーズに流れていきました。

やっと僕がカードを引く番が回って来ました。

隣の友人は残りカード二枚という状況です。

「僕がカード引くことができれば、彼が上がることを阻止できる」

そう思い友人からカードを選び引きました。

ババでした

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

おすすめ書籍

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です