小話

【有痛性】傷口にアルコールを塗ったのですが・・・

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

どうも僕です。

早速ですが、今回もご質問にお答えしていきたいと思います。

僕のところに届いたお便りは、以下の通りになります。

おはようです。

先日友人の手押し相撲をしていたときのことです。

相手のあまりにも強い力で吹き飛んで転んでしまい、膝に擦り傷が出来てしまいました。

すぐにアルコール消毒したのですが、その時アルコールが染み込みすぎたせいで背筋からキムチが出てきました。

アルコール消毒以外で良い方法はなかったのでしょうか?

これ気持ちわかりますよ。

うむよかろう。

今回も僕なりに真摯にお答えしたいので、真面目にお答えしていきたいと思います。

今後、皆様の役に立つかもしれないので、おもむろに見ていってくださいな。

ではれっつらご!!!

とりあえずアロエ塗っておけば?

昔おばあちゃんに

「庭にあるアロエをとってきて、必要以上に塗りたくっておきなー」

と言われたことはありませんか?

ばあちゃんの知恵というものは、受け継がれなくなってきましたが確かなものなのです。

近くにおばあちゃんにいてもらって塗りましょう。

おそらくお婆ちゃんの優しさが染み込んできて、痛さなど忘れる事でしょう。

焼酎を口に含んで霧吹きしてみては?

これよくプロレスラーが相手を威嚇するためにやっているイメージなんですが、私生活でも応用できるってご存知でしたか?

痛いところにあえて焼酎を塗り込むことで

気絶するくらいの回復力

を体験することになることでしょう。

一度実践してみるといいでしょう。

いや、●●●一択でしょ?

あなたは知らないだけで

ベホマ(ドラクエの呪文 体力めっちゃ回復するやつ)

を使いこなせると思います。

その傷だけではなく、次の日の朝起きた瞬間から一日の活動量が飛んでもなく上がることでしょう。

まとめ

以下今回のご質問を回答すると、このようになります。

結局傷口を防げるのは

他人の言葉とかではなく

お医者さんだけ

ご質問者のお力に少しでも慣れればなと思います。

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

アルプスブログ - にほんブログ村




最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です