小話

【子孫繁栄】繁殖期を過ぎたイッヌ  ワイを見てもう一度花を咲かそうとする

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

京都観光に行ったことありますか?

僕の友人はよく京都に行くのですが、そこで外国人の友達を作ることが目的なんだそうです。

なにせ京都には外国人観光客であふれているじゃないですか?普通に歩いているだけで声をかけられるので、結構仲良くなれるそうです。

そこでは英語で会話もするらしく、中学で止まっていた英語能力も気がついたら日常会話レベルなら問題なく喋れるようになったそうな・・・

会話ができるようになると、一緒に観光したりもするらしく今度仲良くなった異国の友人の家に遊びに行くんですって。

わざわざ留学しなくても、そうやって環境ばかりに文句を言わずにやる方は素敵だなと思いますね。

まぁ全部嘘なんですけどね。

話を本題にさせていただきますね。

まさかこんなことが起きるとは思いもしませんでした。

でも皆さんもいつか起きることなので、ここでは事実をお伝えして置こうと思います。

現実に起きたことなので、皆さんもお時間がある時にお読みください。

孫の代まで伝える話になりますので・・・

恐らくこちらの記事を読んでくれている方の平均年齢は10歳から13歳くらいの人が多いかと思われます。

そのくらいの年齢の時には

「どうしたら子供(クローン)が出来るんだろう」

なんて考え始める年ごろですよね?

そうなると大人に聞いたりしてみても、はぐらかされたりしませんか?

なぜ大人は子供に伝えないのか・・・いや伝えれないのか・・・

その年ごろになるともう認識できているであろう動物がいると思います。

そうです。勘が鋭い方はもうわかりましたね?

イッヌです。彼らのおかげで我々は繁殖しているのです。

そしてなぜ伝えられないかというと聞いてしまった子供は姿を変えられてしまい、その後はその姿で一生を過ごさないといけないからです。

それで大人は伝えられないのですね。。。

そしてその姿とは、普段の生活で皆様がよく見られているものです・・・

ではお見せしますね!?

ぱぁぁぷぅぅぅりぃぃぃぃかぁぁぁぁ~~~⤴⤴⤴⤴⤴花がさぁぁぁいたぁぁらぁぁぁ(☝ ՞ਊ ՞)☝

公式アカウント作りました!

友だち追加

他のブロガー様の記事も是非↓↓↓

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です