小話

【夏の夜】なぜ蚊は夜になると活発に活動しているように思えるのか・・・暴●族と同じ原理に気が付いたワイ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この時期となるとどうしても付き合っていかないといけない昆虫といえばそう・・・

蚊になりますよね?

どんなに部屋を密閉してても彼らは侵入してきます。

そして昼間は気が付かないで過ごすのですが、夜眠りに就こうと思い布団に入ってから彼らは動いているように思えます。

いや、僕が気が付いていないだけで彼らは昼間から活動しているでしょう。しかし昼間は彼らに気を取られることなく過ごせているのです。

昼間に彼らに気が付けば、その時に対応できるのですがなぜ彼らは耳元で嫌な音を鳴らしてくるのでしょうか?

暴走族と同じです。暗くなってからが本番なのです。

おそらく理屈は暴走族と同じでしょう・・・

彼ら(蚊)は僕らに気が付いてほしいのです。

普段暴走族が、昼間活動をしていてもみんなはそんなに見向きもしないでしょう。

しかし暗くなり、音がなくなり始めた街では、小さな音でも注目を浴びることができます。

蚊はこれと同じ行動を取っていると考えられます。

確かに、この原理なら彼ら(蚊)は必要以上に注目を浴びることができます。

もちろん捕まるリスクはありますが、それ以上の快感があるのでしょう。

そうやって考えてみると納得できるな。

これからはただ蚊をうっとおしいと思わずに、

「かまってほしいんだな・・・」

と哀れみながら殺傷します。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です