小話

【哲学】国境の中心で出産した場合、子供の出身国について真剣に考えてみる回

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

どうもスザンヌが大好きな僕です。

結局あーいう人が世の中の男性諸君は好きなんですよね?

わかりますよ!多くは語らなくて結構です。

僕ら通ずるものがありますね。気が合いそうです。

今日は見出しにもある通りなんですが、この問題って結構深く考えておられる方が多いと思います。

なので今回は一緒に考えていきませんか?

悪い時間は過ごさせません。

まず仲の良い隣のおばあちゃんの意見からになります。

おばあちゃんが言うには、一家の主人が決めることだと言うのです。

さすがは昔気質の人ですね。愛した人についていく姿勢・・・

嫌いじゃありまてん!!!

そしてその飼い犬として何十年もついてきている、お犬様からもご意見をいただきました。

お犬様が言うには

「黙れ小僧! お前にあの娘の不幸が癒せるのか」

ふむふむ。

そして僕たちが同世代の代表にも聞いてみました。

ド●えもん「そんなの考えたって無駄さ!人間は都合のいいように事を捻じ曲げたがるから、そもそもどっち側で生まれたかなんてのは見てないんだ」

アルプスの排●「なるほどね」

ドラえも●「結局、恩恵を受けられる国の出身にさせるよ。」

アルプス●排水「ってことはみんな日本の国出身にするのかな?」

アルプスの排水「え?ドユコト?」

ド●えもん「まず論理的に解説させていただくと、日本の周りは海ばかりで国境での出産となると海の上となるんよね。そうやって考えてみると君が行っていることは愚かだし気持ち悪い」

アルプスの排水「・・・」

ド●えもん「なのでまず日本という選択肢が消えるよね?いいよね?わかるよね?もう説明しなくてもいいよね?」

アルプスの●水「え・・・もっと柔軟にかんが」

ドラえも●「ウオォxおxおx大xおxおいいいい!!!!!本当に君は!!!」

●ルプスの排水「オモニ〜〜〜〜〜〜」

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です