小話

【保存版】親が俳優だった場合の息子として生きていた場合の世界線

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

皆さんも考えたことありますよね?

定期的に出てくるので早速自分の体から出してスッキリしたいなと思って今書いております。

まず世界線が違うということはそもそもこちらの原理で考えていてはいけません。

なので

生まれた瞬間ですが、恐らく25歳くらいでしょう。

これが科学的観点からみても間違いないと思います。

異論は認めます。しかし前に進みますね!

そしてきっと朝食は毎日カオニアオサンカヤーになるでしょう。これはきっと間違いありません。

子供は親の影響を受けて成長していくのが当たり前なのですが、こちらの世界線でもそうです。

しかしこちらの世界では、大人が子供が望んでもいないことは強制的にやらせないのです。

今回の世界線では親が俳優という職業をやられており人気なのです。しかしその俳優の親でも、

子供が望んでないのに無理やりやらせることはないのです。

なにせ子供ですら一人の人間です。そんな安易に考えてもらってはこちらも困るわけです。

親は子供に自分の思いを押し付けて子供はうんざりしてしまいます。無理やりやらせることになんの意味があるのでしょうか?

自分に置き換えてみればわかるはずです。大人は基本的に社会経験が多く、無理やりやらされた時の事は話さなくてもわかるはずです。

なのに子供に押し付けるとは何て愚かなことなんでしょうか?

もちろん僕は俳優を希望せずに

獣医になり沢山の動物を診察し、世の為に体が動くまで働き

一生を終えました

あれなんか世の中為に尽くして良い人生歩んでるやん!?

こっちの世界線でも・・・が・・ん・・ば

良かったら他のブロガー様の記事もご覧ください。↓↓↓

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

おすすめ書籍

最新記事を唐突に受け取れますよー

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です